大工の私の仕事や日常を綴ったブログです。


by umhu7vbtgj

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 13日午前11時10分ごろ、秋田県美郷町千屋の農業高橋誠一さん(65)方で、孫の滉(こう)君(4)が、高橋さんが使っていた家庭用除雪機に首や腕などを巻き込まれ、間もなく死亡した。
 県警大仙署によると、除雪機はガソリンエンジンで除雪用ローターを回すタイプで、幅90センチ、長さ183センチ、重さ約350キロ。滉君は農地の除雪をする高橋さんに付いて行き、近くで一人で遊んでいたという。同署は滉君がローターに挟まれた当時の状況について調べている。 

「番組見なければ就職させない」 NHK経営委員「トンデモ」提言(J-CASTニュース)
火災 ケニア大使公邸が半焼 けが人はなし 東京・目黒(毎日新聞)
ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
9人の救出不可能 たまゆら火災、実験で確認(産経新聞)
山本病院 死亡患者だけ執刀 理事長「簡単な手術や」(産経新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-16 00:47
 「疑惑に対して自ら解明し、責任を明らかにするよう努める…」

 昭和60年6月25日、衆院議院運営委員会。委員長席で小沢一郎(現民主党幹事長)は、兼任の衆院政治倫理協議会座長として、自らまとめた「政治倫理綱領」案の概要をかみしめるように読み上げた。

 制定のきっかけはこの2年前、ロッキード事件で、小沢が「オヤジ」と慕っていた元首相、田中角栄(故人)が受けた有罪判決。「キングメーカー」の“黒いカネ”に対する政治責任に、国会としてけじめをつけるためだった。

 小沢は、政治家の道義的責任について審議するため新設される政治倫理審査会(政倫審)の権限拡大を求める野党と、それを抑えたい与党との板ばさみに加え、いまだ自民党最大派閥のボスである「オヤジ」の影響力にも苦労しつつ、綱領案や政倫審の運営方法などを約1年半にわたって検討。座長案を提示するなどして汗をかき、与野党妥協にこぎつけた。

 しかし、議運終了直後に開かれた衆院本会議の議事録を見ると、成立に先立って議長から委員長報告を促されたのは自民党の筆頭理事。「オヤジ」を気遣ってか、委員長の小沢の姿はそこにはなかった。

 ■「形式ミス」

 その25年後。「私の主張はあくまでも明朗、公開、オープン。それが妥当かどうかは国民、主権者が審判を下すのが民主主義のあり方だ」(昨年3月4日の記者会見)と声を張り上げた小沢は、「オヤジ」と同じように、東京地検特捜部の捜査対象になった。

 小沢が共犯として告発された衆院議員、石川知裕(ともひろ)(36)ら現・元秘書3人の起訴内容をみると、小沢の資金管理団体「陸山会」が行った土地購入に伴うつじつま合わせや、複数の架空寄付など複雑な資金操作が随所にあった。その中には、小沢本人が関係する場面が2カ所出てくる。「平成16年分の政治資金収支報告書に記載しなかった小沢からの借入金4億円」「19年分の収支報告書に記載しなかった小沢への返済金4億円」。虚偽記載の総額は過去最大の約20億2900万円にも上った。

 「政治団体および公職の候補者により行われる政治活動が、国民の不断の監視と批判の下に行われるようにするため…」。自らも改正に携わった政治資金規正法第1条の趣旨を無視するかのような金額だ。

 「規正法のプロ」とも言われる小沢は、故意の虚偽記載を認めている石川が起訴された今月4日も「形式的なミス」と言い張った。

 ■自ら解明?

 昨年3月から特捜部と攻防を繰り広げてきた小沢。直接対決となった1月23日の初聴取直後に開いた会見で、「秘書が…」という言葉を繰り返した。

 「すべて担当秘書が行っており、私はまったく関与していない」

 あれから12日がたった今月4日夜の民主党本部。石川らの起訴と自らの不起訴処分(嫌疑不十分)を受けた直後、小沢は報道陣に、3週間前の発言など忘れたかのように「担当秘書」だった石川を擁護した。

 「国会議員の職責に関連して責任を問われているわけではない」

 「疑惑に対して自ら解明し…」

 「剛腕」幹事長は自らの責任で政治倫理綱領を作成しただけに、報道陣を通じて国民に発した言葉が二転三転しようが、自ら疑惑を解明するだろう。

 それができなければ、11カ月前の昨年3月に自ら言及した「国民の審判」に従うしかない。(敬称略)

                   ◇

 連載は酒井潤、大泉晋之助、今村義丈、福田涼太郎が担当しました。

<追い出し屋>国交省が規制法案、家賃保証業者に登録義務(毎日新聞)
<舛添要一氏>「首相」宣言 新党結成は否定(毎日新聞)
<民主>田村氏入党を正式決定(毎日新聞)
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述−元次官連続殺傷・さいたま地裁(時事通信)
政治主導確立法案を閣議決定(産経新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-14 19:22
 足利事件は、これまでの冤罪(えんざい)事件とは異なり、真犯人が現れなくても、菅家さんの自白は完全に虚偽であり、無実は明白。足利事件は、自白してもDNA型鑑定で無実が証明されるというわが国で最初の例である。

 弁護団は平成9年10月から、正しいDNA型鑑定で無実が明らかになると述べてきたが、最高裁も宇都宮地裁も聞かなかった。最高裁が再鑑定を命じていれば、菅家さんの無実が明らかになり、真犯人の逮捕・起訴も可能だった。最高裁の責任こそが重い。

 菅家さんの無実は、「科学警察研究所(科警研)のDNA型鑑定」と「菅家さんの自白」が真実でなかったことを意味する。検察は過ちに目をつむり、DNA型再鑑定で無実が明らかになったとして有罪判決の破棄を求めているが、「臭いものにふた」で裁判所のとる態度ではない。

【DNA型鑑定】

 最高裁によると、DNA型鑑定の証拠能力は、科学的原理が理論的に正しいか、技術を習得した者が科学的に信頼された方法で行ったと認められるのか−で判断される。

 科警研の福島弘文所長は平成4年の研究会で「科警研の鑑定法は問題があり、今はやめた方がいい」と発言している。また、その方法で撮影された写真について、(再鑑定を行った)鈴木広一・大阪医科大教授は「なかなか判定しにくい」、本田克也・筑波大教授も「判定不能」と証言しており、科警研の鑑定は完全に失敗だった。

 犯人の体液が付着していると考えられる資料からの鑑定は、被害者のDNAを抽出する可能性があり、確認するのは基本。科警研はそれを怠り、(鑑定資料とした)半袖下着に被害女児や女児の母親のDNAが付着していることを見落としたのは、深刻な問題。

 科警研の鑑定は刑事裁判の証拠として使用できる水準に達していない。

【自白】

 無実の人が進んで自白するはずもなく、菅家さんの自白は任意ではない。

 警察は、違法な取り調べを繰り返し、菅家さんに恐怖心を抱かせただけでなく、根本的に間違っていたDNA型鑑定を決め手のように扱い自白を迫った。森川大司元検事の尋問で、警察が「自白がなければ逮捕できない」という捜査指揮をしていたことが明らかになった。DNA型鑑定を決め手のように装い、自白を迫った警察の取り調べは、自白を誘発する恐れの高い違法なものだ。

 森川元検事も、DNA鑑定の証拠価値を誤って菅家さんに伝え、錯覚させ、自白させたと言わざるを得ず、検察への自白も任意性がない。

 法廷では、菅家さんは森川元検事のマインドコントロール下にあった。森川元検事は、(菅家さんが足利事件を否認した)平成4年12月7、8日の取り調べの結果を隠したまま、事実に反する質問を行い、裁判所を欺く論告を行っており、菅家さんの公判での自白の任意性は否定されるべき。

【総括】

 「科警研のDNA鑑定」と「自白」には証拠能力がない。足利事件の有罪判決が破棄される理由は、検察の主張するDNA型再鑑定で無罪が明らかになったのではなく、有罪にする証拠がなかったということ。

 それは、足利事件について下されたすべての裁判が誤りだったことを、裁判所が認めることを意味する。司法にとって恥ずべきことに思えるが、過去の過ちを率直に認める判断こそが、国民の信頼をつなぎ止める唯一の道と信じて疑わない。無罪判決が、足利事件の誤判の原因をえぐり出し、わが国の刑事司法の未来に光をあてるものであることを望んでやまない。

【関連記事】
足利再審 「無罪の言い渡しがされるべきことは明らか」論告全文
足利再審 突然の検事の謝罪 菅家さんの表情固く
政府、「検察リーク」否定の答弁書を重ねて閣議決定 公安委員長発言で
菅家さん「謝って」 元検事、謝罪の言葉なし
弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発

<御室桜>クローン技術での増加に成功 京都の仁和寺の桜 (毎日新聞)
鳩山首相の実母ら証人喚問、自民が要求(読売新聞)
<郵便局強盗>容疑者逮捕、「金は銀行に預金」 福岡(毎日新聞)
都立高一般入試 平均倍率は1.53倍 2日目(産経新聞)
<親権制限制度>民法改正を法制審に諮問 法相(毎日新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-13 01:31
 埼玉県熊谷市で昨年12月、サンタクロースの格好をした男が会社事務所に侵入、社長を暴行し放火した事件で、県警捜査1課などは6日、現住建造物等放火と殺人未遂の容疑で同市戸出、自動車販売会社社員新井幸一郎容疑者(43)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認めているという。事件当時、新井容疑者はサンタクロースの衣装を身に着けていたといい、同課はなぜサンタの格好をしていたのか、動機とともに調べている。社長は「容疑者とは過去に面識があった」と話しているという。
 逮捕容疑は、昨年12月21日午後6時40分ごろ、熊谷市佐谷田のビル清掃会社「サンアイ」2階事務所に侵入し、社長新井正一さん(61)の顔を殴るなど暴行。事務所内に灯油のような液体をまいて火を付け、2階と3階計約122平方メートルを焼き、新井さんを殺害しようとした疑い。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕世界のサンタガールズ
〔写真特集〕チョコレート・ガールズ
プリウス、1月も圧倒的首位=ブレーキ問題で先行き不透明感も
販売落ち込みを懸念=大規模リコール陳謝
「安全神話」再構築への前途険しく=米で改修作業本格化

<取り調べ可視化>公安委員長の研究会初会合(毎日新聞)
10代里見名人獲得なるか!?…将棋女流名人位戦第3局速報中(スポーツ報知)
深夜の路上強盗 3万円奪い逃走 大阪・阿倍野(産経新聞)
ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)
都立高一般入試 平均倍率は1.53倍 2日目(産経新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-12 01:25
 9日午前7時ごろ、東京都足立区鹿浜の環状7号線で、停車中の国際興業の路線バスにクレーン車が追突した。警視庁西新井署と東京消防庁によると、乗客7人が軽傷を負ったという。同署が詳しい原因を調べている。
 同署によると、バスは停留所前で乗客の乗降中だった。追突したクレーン車のアームがバスの窓を突き破ったが、アームに接触した乗客はいないという。 

【関連ニュース】
路線バスと軽トラック衝突=乗客と運転手14人軽傷
幼稚園バスが事故、2人負傷=タクシーに追突
高速バスにトラック追突=乗客ら3人重軽傷

滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で―首相、厚労相が一致(時事通信)
長野で盗まれた腕時計も=香港で起訴の男ら所持−警察当局(時事通信)
首都圏連続不審死 「背もたれ傾き」端緒 自殺から事件に(毎日新聞)
日本脳炎ワクチン、3歳に接種勧奨(産経新聞)
福岡県汚職 副知事室で100万円授受(毎日新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-11 01:06
 NTTドコモは5日、東京、神奈川など関東甲信越の1都9県の一部で、携帯電話の音声がとぎれるなどの通信障害が起きたと発表した。

 障害は午前6時に発生し、午後4時45分現在、復旧していない。6日午前0時頃、全面復旧するという。最大800万人に影響が出ている。5日未明に更新した、通信設備のソフトウエアに不具合があったことが原因だ。

<節分万灯籠>ろうそくに無病息災の願い込め 春日大社(毎日新聞)
<冥王星>赤や黄などまだら模様に NASAが画像公開(毎日新聞)
小沢氏進退発言「やっと言った」=自民参院幹事長(時事通信)
<日本国籍喪失条項>フィリピンの子供4人「違憲」と提訴(毎日新聞)
偽造カードでブルゾン購入 自称ナイジェリア人の男を逮捕(産経新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-10 02:51
 文部科学省は3日、同日締め切られた国公立大入試2次試験の出願状況を発表した。同日午前10時までの志願者数は44万4466人。募集人員に対する倍率は4.4倍(前年4.3倍)で、この時点では5年ぶりの高水準となった。
 内訳は国立82校が32万8814人で4.1倍(同4.0倍)、公立73校が11万5652人で6.0倍(同5.5倍)。不景気を反映し、学費が安い国公立大の人気が高まったとみられる。
 学部別で最も高いのは、国立は前期日程が東京芸大美術の12.9倍、後期が岐阜大医の45.7倍。公立は前期が北九州市立大地域創生学群の16.5倍、後期が岩手県立大ソフトウェア情報の59.0倍、中期が岡山県立大情報工の25.6倍だった。 

【関連ニュース】
高校無償化に4624億円=8.98%増の5.7兆円

タマネギ騒動「犬に食わせていない」 プロレスラー小島ブログで釈明(J-CASTニュース)
起訴なら石川議員は辞職を=社民(時事通信)
宮城県で震度4(時事通信)
日暮里・舎人ライナーで路面凍結、運転見合わせ(読売新聞)
<副都心線>池袋駅近くの線路から煙 1万8800人影響(毎日新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-09 08:49
 就任2年になっても高い支持率を維持していることに驚く。先日、ゼミ生十数人に尋ねたときも約7割が評価した。しかし、その理由の大半は「テレビで知っているから」。欠点も含め人間の振れ幅が想像できるから安心だという。「くそ教育委員会」のような日常言語を平気で使うことも「隣のお兄ちゃん」みたいな近しさで信用できるようだ。

 「お笑い100万票」といわれる大阪の政治風土では、語る内容ではなく、語り口調が大事だと、直感的にわかっているのだろう。生活言語を政治に取り込み、有権者との距離感の近さを演出することで成功した人だ。

 一方、政策の整合性や組織を形成する力、議会運営能力など政治を動かすうえで必要な力はあまり見受けられない。府政には内実を伴った動きはないのでは。

 手法で特徴的なのは合意形成のプロセス(過程)がないこと。常に「敵」を作り、メディアを通して関心を集めるという手法は、いじめ型学級運営と同じ。メディアの注目度に100%依存する珍しい政治家だ。

 教育施策には反対だ。「学力」のとらえ方を間違えている。学力は文字通り「学ぶ力」であり、学びへの欲求が活発に動いているかどうか。テストの点はその一部にすぎない。

 数値で人間を格付けし、点数の高い者に報酬を、低い者に罰を与えるという手法が能力を高めるとする人間観を持つのはかまわないが、教育に関しては適当ではない。学ぶ力は「これを勉強すると、『いいこと』がある」という報酬の約束によって形づくられるわけではない。

 すぐに数値で成果を求める姿勢は、ひと昔前に流行った成果主義、能力主義的発想であり、知事自身の成功体験から導かれたものだろうが、成功体験に固執すると他のさまざまな教育実践の方法に対して非寛容になる。いろんなタイプの子供がいて、いろんな能力の発現の仕方があるということを認識する必要がある。

 本来、さまざまなファクター(要素)から落としどころを考え、自分に入る情報に足りないものを考慮して行うのが政治だが、知事の場合、脊髄(せきずい)反射的に政治をしている。野生の勘がうまく当たり、これでいけると思っているから、批判しても本人には通じないだろう。

 大阪府民から圧倒的な支持を集め、全国的にも動向が注目されている橋下徹知事。1期目の折り返しを迎える知事の課題、問題点は何か。3人の有識者に聞いた。

【関連記事】
橋下知事「府市再編後の庁舎はWTC」
【News解説】過激でも府民は「続投」に期待
児童文学館の資料70万点の搬出始まる 橋下知事が廃止
橋下知事の伊丹廃港論、関経連会長が改めて反対表明
【News解説】橋下流交渉術の成果 年3億円お得

露銃撃時の航跡記録なし、2漁船スイッチ切る?(読売新聞)
<陸山会事件>小沢氏「有罪の証拠ない」地検が会見(毎日新聞)
小沢氏処分、きょう判断=在宅起訴か不起訴か−陸山会虚偽記載事件・東京地検(時事通信)
レセプトオンライン化訴訟、終息へ―神奈川原告団(医療介護CBニュース)
<人骨>日本最古2万年前 沖縄・石垣島(毎日新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-08 15:01
 1日午前0時55分ごろ、名古屋市熱田区六番1の国道1号の交差点で、普通乗用車が歩道に突っ込み、男女3人をはねた。3人は搬送先の病院で死亡が確認された。乗用車には4人の男女が乗っていたとみられ、車を現場に放置したまま逃走。愛知県警熱田署は、ひき逃げ事件とみて逃げた男女の行方を追っている。

 調べでは、死亡した3人のうち1人は、同市港区稲永4、会社員、中野義孝さん(34)。残る2人は、30歳代ぐらいの男性1人、30歳代ぐらいの女性1人。同署で身元確認を急いでいる。

 同署によると、事故を起こした車には男女4人ぐらいが乗っていたという目撃情報がある。車はなんらかの理由でハンドル操作を誤り、歩道に突っ込んだらしい。

 乗用車はガードレールを突き破り、駐輪場の自転車をなぎ倒し、歩道の3人をはねたとみられる。乗用車は3人をはねた現場から30〜40メートル先の駐車場に止まっていた。乗用車は大破していた。現場近くのコンビニエンスストアの女性店員(42)は「ダダダーンと大きなものが落ちたような音がして外に出た。最初は車が見えなかったので何が起きたのか分からなかった。事故だと知り、怖くなった」と話していた。

【関連ニュース】
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡
札幌テレビ放送:ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕
ひき逃げ死:救助男性の目前に後続車 福島・いわき
ひき逃げ:容疑で73歳女逮捕 男児に重傷負わせ 愛知

<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)
<大阪パチンコ店放火>「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ(毎日新聞)
米軍機の部品落下 民家直撃、けが人なし(産経新聞)
子ども手当満額困難に=峰崎財務副大臣も表明−11年度以降(時事通信)
<名古屋ひき逃げ>車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取(毎日新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-07 16:12
 04年のスマトラ沖大地震で、月や太陽の引力=潮汐(ちょうせき)力=が発生の引き金になった可能性が高いことが、防災科学技術研究所の田中佐千子特別研究員の分析で分かった。潮汐力は、地震を起こすひずみの1000分の1程度だが、大地震発生の「最後の一押し」になったという。米地球物理学会誌(電子版)に発表した。

 スマトラ沖大地震では、地震の規模を示すマグニチュード(M)が9.0を記録。大津波も発生し、22万人以上が犠牲になった。

 研究チームは1976〜2008年に大地震の震源域周辺で発生したM5以上の約600地震を調べた。

 その結果、潮汐力が断層に最も影響を及ぼす時間帯に、平均の2倍に当たる約16%の地震が発生していることが分かった。逆に最も弱くなる時間帯では約5%にとどまった。

 また、潮汐力が強くなる時間帯に地震が集中する、という関係は95年ごろから次第に明確になり、04年の大地震発生後にはあいまいになったという。

 このことから、M5以上の地震の頻度が潮汐力の強いときに増え始めると、大地震が迫っていることを知る手がかりになるという。田中さんは「大地震発生の長期予測に役立てていきたい」と話す。【石塚孝志】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府
ハイチ大地震:PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針
社説:ハイチPKO 復興に日本の経験を
震災障害者支援:法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症

昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ(医療介護CBニュース)
雅子さま、なおご体調に波 宮内庁発表(産経新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>死刑囚側が反論の意見書を提出(毎日新聞)
ジェムザールの乳がん適応追加を承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<自民党>谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える(毎日新聞)
[PR]
by umhu7vbtgj | 2010-02-06 19:24